CARBONELLオリーブオイル | おいしいパンにはオリーブオイル!!

小さな器に『カルボネール エクストラバージンオリーブオイル<スペシャルセレクション>』をいれ、バゲットにつけながらいただきます。もちろんシンプルな食べ方だからこそ、より芳醇なオリーブオイルを選びたいもの。ちょっぴりリッチな気分も楽しめます。
お好みで軽くトーストしてから『カルボネール エクストラバージンオリーブオイル<スペシャルセレクション>』につけて食べてもグッドですよ。

ジャムの代わりにトマトをぬる?オリーブオイルだからおいしいんです。
@トマトは横半分に切り、種を取り除いておきます。
A薄くスライスし、軽くトーストしたバゲットに、皮をむいた粒のままのガーリックをすりこんで香りをつけ、@のトマトの中身をスプーンで取りだして、ジャムのようにぬります。
あればイタリアンパセリを散らします。
B皿にのせ、『カルボネール オリーブオイル』をたっぷりかけていただきます。
これとフレッシュジュースがあれば、朝ごはんは十分。
元気な一日が始まりそうです。
@フライパンでカリカリにベーコンを焼き、キッチンペーパーにのせて余分な脂肪分を除いておく。
A鍋に水と少量の酢を入れて煮立たせ、箸でかき回しながら中央に卵を入れてポーチドエッグをつくります。 Bスライスしたカンパーニュをトーストし、@とAをのせ、『カルボネール エクストラバージンオリーブオイル』をかけます。

いつもの食パンが、オリーブオイルとパルメザンチーズ(粉チーズ)で、おいしく変身します。
@スライスしたイギリスパンに『カルボネール オリーブオイル』をぬってトーストします。
A@を食べやすいように縦ふたつに切って皿にのせ、パルメザンチーズをたっぷりかけます。好みで黒コショウをふってもおいしいですよ。

生地にオリーブオイルやハーブを練りこんだフォカッチャ。
ふんわり素朴な食感と適度な塩味に、オリーブオイルとバルサミコ酢の芳醇な味がよく合います。
@小皿に『カルボネール エクストラバージンオリーブオイル<スペシャルセレクション>』を入れ、バルサミコ酢を加えます。バルサミコ酢がオイルと分離した状態でOKです。
Aちぎったフォカッチャを@にひたして食べます。フォカッチャにつける『カルボネール エクストラバージンオリーブオイル<スペシャルセレクション>』とバルサミコ酢の割合はお好みで。
オリーブオイルと塩の組合わせは、スペインでも基本的な食べ方です。パンの持っている香りや旨味をしっかりと引き出してくれます。
@小皿に『カルボネール 有機エクストラバージンオリーブオイル』を入れ、脇に少量の塩を盛ります。(岩塩ならば、さらに美味しくなりますよ)
Aライ麦パンをちぎり、皿の中の塩の量を調整しながら『カルボネール 有機エクストラバージンオリーブオイル』につけていただきます。
2006 Copyright(C) 讃陽食品工業株式会社 All Rights Reserved.
 お問い合わせ  個人情報について  サイトマップ  会社案内
http://www.so-food.co.jp/carbonell